souyu stick.

KNOWLEDGE

インフレータブルSUPについて

─ インフレータブルSUPの特性・特徴・注意点 ~ SUPで漕ぐという事は ─

インフレータブルSUPの特性・特徴・注意点

インフレータブル・タイプのSUPは、ポンプで空気を入れて膨らませて使用するボードです。小さくコンパクトに畳んで収納ができ、持ち運びがし易いなど大きな利便性がある反面、簡単に言えば、風船や浮き輪と同じで、岩礁や珊瑚、バラ線やコンクリートの角など鋭利なモノに触れたり刺さったりすると破れたり穴が開き破損し易いというデリケートな部分があります。また、夏場など炎天下に放置すると、高温で、生地やパッド部分、フィンやバルブの取り付けされているところが剥離したり、本体の中の素材の破損で暴発する恐れもあります。これは、夏場に自転車や車のタイヤが破裂するのと同じ現象です。インフレータブル・タイプのSUPは構造上により製品の強度や寿命に限界がありますので、取り扱いには十分な注意が必要です。ハードな状況下での使用、上級者の求めるクォリティを100%満たす製品ではありません。ボード自体の強度やハードな自然環境下での使用に耐えるボードを求める方は、成型タイプのボードをオススメします。また、実は、インフレータブルSUPは組み立ての工程においてオートマチックな生産ではなく、多くの人の手が使われています。いわゆるフルオーダーで製作するハンドメイドのサーフボードやウエットスーツと同じです。製品に多少の手作り感があるのはそういった理由があるからです。弊社の製品の中で、例えば、ADVENTURE 10’10”やSKYWALK α 10’6”など大きめのボードは、お子さんを乗せたり、二人乗りをする事は可能ですが、これはあくまで使用者(購入されたお客様)の自己責任においてです。基本的には全て一人乗りの仕様になります。また、いろいろな自然環境下(風や潮の流れなど)、水面のコンディションにより、漕ぎ易い日、漕ぐのが大変な日があります。これに対応出来るか否かは、全て自身のレベル、スキルによって違いが出ます。このボードに乗れば誰でも安全に快適に漕げる・・・というものではありません。他のアクションスポーツ、アウトドアでの遊びと同じく、最終的にどのボードをチョイスし、どの様に遊び、どんな風に使用するのかは購入者が判断し、すべて自己責任になります。  

SUPで漕ぐという事

海、湖、川などあらゆるフィールドにおいてSUPを使って漕ぐという事は、すべて自己責任になり ます。他のアクションスポーツ、アウトドアでの遊びと同じです。さらに、SUPを漕ぐという事は、漁業権や港、航路などとも関係し、法的な決まりやその場所のローカルルールなどを守らなければいけません。長距離を漕ぐ時や、SUPを使って釣りをする時は注意するだけではなく、事前にその場所についてリサーチが必要となります。また、ライフジャケットの着用や身体とボードを繋ぐリーシュコードの使用などの安全対策にも自己管理が必要となります。SOUYU STICK.は基本一人乗りのボードです。お子さんを乗せるなど二人以上で漕ぐ事も全て自己責任になります。技術だけでなく、知識を増やし、経験を積み、情報収集を欠かさず、安全に楽しくSUPを漕ぎましょう。何かあった時に海上保安庁や消防署、警察に連絡が出来る様に携帯電話を持っていく、事前に家族にどこで漕ぐのかプランを伝えておくなど、登山と同じく必要な事です。

インフレータブルSUPの取り扱いについて

空気の入れ方。ボードの取り扱いについて(弊社製品にて参照):

ボードにあるバルブ(空気挿入口)のフタを開け(画像1)、バルブ内のコック(画像2)を押し回し(押して回すなどで開閉が切り変わる)、コックが上がっている状態にしてから(これを忘れるとホースを抜いた時に入れた空気が抜けてしまいます)ポンプのホース先端をバルブにねじ込んで接続します(画像3)。最大空気圧はボードによって異なりますが、MAX12〜15PSIです(各ボードの挿入口に記載されているので要確認。

ADVENTUREのアウトリガーフロートはMAX5PSI)。数字が高いほど空気圧が高く、それだけボードが硬化しますが、12PSI以上になるとそれほど硬化に差は出ません。ポンピングはゲージの数値を確認しながら空気を入れます。まず、ダブルアクションに設定し(画像4・5/ レバー、ボタン、ネジタイプが有り)、ハンドルを押した時も引いた時もどちらでも空気を注入出来る状態でポンピングします。ダブルアクションでの押し引きがきつくなってきたら(目安として8PSI前後)シングルアクション(ハンドルを押す時のみで注入するモード)に変更し、適正数値までポンピングします。空気を抜くときは、空気挿入バルブのフタを開け、コックを押しながら回せばロックし抜ける状態になります。ボードのノーズ側から空気を抜きながら畳んでいきましょう。大きいボードは空気が抜けにくく、畳みにくい事がありますが、ホースを排気口側に付け替えれば(画像6)ポンピングする事で空気を抜く事ができ、ボードを畳み易くなります。空気圧について補足ですが、真夏の炎天下では空気の膨張がありますので12PSI、もしくは少し少なめでも十分使用可能です。炎天下で長時間の放置はしないでください。暴発、組み立て接着面の劣化、エア漏れの原因になります。フィールドで漕いでいない時は、水をかける、水につけておく、日陰に置くなどしましょう。車の屋根などに取付けたキャリアにボードを括り付けるのは基本的にはあまりよくないですが、括り付ける時は、ボードのレール部分にあたるベルト部分やボードに触れるバーにタオルやクッションを入れ、あまりきつく締めるのはNGです。車のキャリアに括りつけたままの状態で長時間保管、また炎天下で放置すると、暴発や組み立て接着箇所の剥離、エア漏れの原因になるのでやめましょう。

バルブ部分、本体の確認:

空気漏れの可能性があると感じた時は、まずバルブ周辺や生地の接合部分、ハンドルやロッドホルダーなどパーツが取り付けられている箇所からチェックをしましょう。バルブを締め付ける専用のレンチをリペアキットと一緒に付属しています。このレンチを使ってバルブの締め付け作業を定期的に行ってください。あくまで軽く締め付ける感じです。また、レンチを使ってバルブを緩める事、取り外す事は絶対にしないでください。バルブを一度外すと受け側が中で落ち、バルブを取り付ける事が出来なくなる場合があります。新品の商品を使用前に一度空気を入れ、その時に必ずこのバルブの締め付けがしっかりされているか確認をお願いします(この後のエア漏れ確認と修理に続きます)。

エア漏れ確認と簡単な修理:

エア漏れ箇所を確認する際は、まず完全に乾いた状態でボードに空気を入れ(5-8PSI程度)、各部を目視で確認、また、空気がシューと漏れている音がしないか各部をチェックします。漏れている箇所を見つけたら、石鹸水を入れたスプレー式のボトル(霧吹きなど)があると便利(写真1)ですが、筆に石鹸水をつけてなぞっても確認できます。エア漏れ箇所はブクブクと泡が出ます(写真2)。小さい穴なら付属のリペアキットを使って修理が可能です。●エア漏れ箇所を探す→●油性ペンで印を付ける→●水気、油気を取り、軽くサンドペーパーで擦る→●傷の箇所に合わせて生地をカットし(写真3)、市販のPVC素材対応のボンドを塗って貼る(写真4)という手順で修理した後は、少なくとも24時間以上は乾かしてください。接着面やバルブなど大きなエア漏れの場合は専門のリペアが必要になります。修理について不明な点がある場合は、営業担当者までご連絡、ご相談ください。剥離(インフレータブルSUPに関しては水ぶくれの様な症状)に関しては、生地の貼り合わせ箇所、フィンやバルブなどの接合箇所、デッキのパッドなど接着箇所に出る事があります。これは、基本的に、炎天下に放置した際など高温になった時に起こり易くなります。ボードの取り扱いには十分ご注意ください。

保管、手入れについて

ボードの保管、手入れ:

漕いで遊んだ後は、海水、淡水にかかわらず、ボード(リーシュ、フィンなどすべてのアクセサリーも)は真水で洗い流しましょう。洗浄後、からぶき、もしくは日の当たらないところで十分に乾かしてから折り畳み、バッグに詰めましょう。十分に乾かさないと梅雨時などはカビが生える原因になります。フィールドで一度折り畳みバッグに入れて持ち帰った後も同じ工程で手入れをして保管してください。使用したままの状態で保管すると製品が劣化する原因になります。保管時は、出来る事ならエアを6〜7割入れた状態で保管(ただし、立てかけた時のテール部分、同じ状態でレール部分が地面に当たるなど荷重が同じ箇所にかかると、その場所が破損する事があるので、柔らかいクッションを置く、長時間同じ体制での保管は避ける様にしてください)、緩めにロール(畳む)して保管する事が望ましいです。特にSLIDER、TRAVELLER、SHIRAKABA FLY 10’0″は、センターで折ってロールし、専用のトートバッグに入れますが、できればこれは移動時のみで、普段はセンターで折って畳まずに、普通に緩く畳んだ状態での保管する事をオススメします。真夏の暑い時期などは、目一杯空気が入った状態で気温が高い時、炎天下などにボードを放置すると、空気の膨張による暴発、組み立て部分の破裂、エア漏れの原因になります(前述の「空気の入れ方」を参照)。すぐに使う際も少し空気を抜いて日陰に置く、面倒でも畳んで家屋内にしまうなどしてください。ボードを畳む時は、無理やりきつく巻き上げるのはやめましょう。長期間使用しない場合は、緩めに畳み、風通しの良い場所で保管しましょう。バッグに詰めたまま長期保管するのもカビや製品の劣化に繋がりますので、たまに出して広げ、エアを入れ膨らませてみましょう(少なくとも1〜2ヶ月に一度くらい。寒い時期でも、たまに漕いで遊ぶのが一番です!)。 

パドルの保管、手入れ:

使用前は、アジャスト部分のネジやレバー、シャフトの接続部分の金属パーツの確認をし、ネジの緩みがあれば六角レンチで締め、破損、欠損が無いか確認しましょう。パドルのシャフトの接続パーツやアジャスト部分のネジなど金属部分は手入れをしないとすぐに腐食してしまいます。使用後はしっかり真水で流して洗浄し、ボード同様しっかり乾燥させ、保管前に防錆潤滑剤を塗布する事で腐食を軽減する事ができます。

手動式ポンプの手入れ:

手動式ポンプでのポンピングの押し引きにの時に、スムーズに動かない、何か引っかかる感じがする場合は無理やりポンピングはせずにグリースアップをしましょう。本体上部にある筒のカバーを外すとポンプの棒が抜けます。棒の先にゴムのパッキンが付いていますが、これが破損していると故障になります。お客様のポンプが破損状態の場合は担当営業者までご連絡ください。ゴムパッキンに破損が無い場合は、市販の万能グリースをゴム部分によく塗り、筒に棒を戻し、筒の内部にグリースが行き渡る様にゆっくり押し引きします。出来れば同じ工程をもう一度してください。棒を戻し、しっかり筒のカバーを戻し、ポンピングをしてください。元のスムーズな状態に戻ります(この工程後にスムーズに戻らない場合も担当営業者までご連絡ください)。力のある人が、かなりのスピード、力任せにポンピングするとゴムパッキン、ゴムパッキンが付いている部品の破損の原因になりますので、スムーズなポンピングを心掛けてください。

フィンの固定方法、手入れについて:

GRIフィン:

フィンの固定はボックス後部のストッパークリップを押す事で行います。無理に力を入れるとレバーの破損に繋がるので注意が必要です。仕様前にストッパークリップを取り付けるネジの緩みを必ず確認しましょう。漕ぎ始めた後も休憩時などにはフィンがきちんと固定されているか確認をしましょう。砂や塩がフィンボックス、ストッパークリップ内に溜まると脱着し難くなるので使用後はフィンボックス、ストッパークリップ内(レバーを軽く動かしなが洗浄)、フィン、すべて念入りに真水で洗い流しましょう。 

AIR7フィン:

センターフィンはプレートとスクリューで固定します。リバーや沖縄の様な海の様にリーフや岩が多い場所で使用する場合は、工具レスのネジではなく、プラスやマイナスのネジで固定する事をオススメします(工具レスのネジは突起部分が大きいので障害物に当たりやすい為)。サイドフィンはハメ込んでから後方へスライドさせれば簡易的に固定可能ですが、これもリバーや沖縄の海の様にリーフや岩が多い場所で使用する場合は脱落を防ぐために六角レンチでナットを締めて固定しましょう。使用後は金属部品、部分、フィン本体すべてを念入りに真水で洗い流しましょう。プレートとスクリューは紛失しない様にフィンに取り付けて一緒に保管しましょう。