DISCRIPTION & KNOWLEDGE

ATTENTION─販売店・取り扱いディーラー様へ

お客様が購入後、使用する前に破損部分や不良箇所が発見された場合のみ保証の対象になります。お客様にお渡しする前に可能であれば一度空気を入れて確認ください。使用後に関しては基本的に保証対象外になりますのでご注意、ご了承ください。もちろん原因や状況によっては弊社で調査をし対応いたします。その際は、弊社担当者にご連絡の上、やり取りをお願いします。

SUPで、海や川、湖を漕ぎだすことは、サーフィンやウインドサーフィン、カヤックなど他のマリン・アクションスポーツと同じくお客様の自己責任となります。お客様自身で、安全対策、保険の加入や使用するギアの管理を行うようお伝えください。その他、SUPをする際の安全対策や知識については、ボードバッグ等に説明書カードを付けていますので、そちらをご確認いただけるよう、お客様にお伝えください。

インフレータブルSUPの特性

インフレータブル・タイプのSUPは、ポンプで空気を入れて膨らませて使用するボードです。小さくコンパクトにたたんで収納ができ、持ち運びがし易いなど大きな利便性がある反面、簡単に言えば、風船や浮き輪と同じで、岩礁や珊瑚、バラ線やコンクリートの角など鋭利なモノに触れたり刺さったりすると破れたり穴が開き破損し易いという弱点もあります。また、夏場など炎天下に放置すると、生地やパット部分、フィンやバルブの取り付け位置などの剥離、本体の中の素材が破損したり、場合によっては膨張による破裂の恐れもあります。これは、夏場に自転車や車のタイヤが破裂するのと同じ現象です。インフレータブル・タイプのSUPは構造上により製品の強度に限界がありますので取り扱いには十分な注意が必要です。ハードな状況下での使用、上級者の求めるクォリティを100%満たす製品ではありません。ボード自体の強度やハードな自然環境下での使用に耐えるボードを求める方は、成形タイプのボードをオススメします。
弊社の製品の中で、例えば、ADVENTUREやEXPEDITIONなど大きめのボードは、お子さんを乗せたり、二人乗りをすることは可能ですが、これはあくまで使用者(購入されたお客様)の自己責任においてです。基本的には全て一人乗りになります。また、いろいろな自然環境下(風や潮の流れなど)、水面のコンディションにより、漕ぎ易い日、漕ぐのが大変な日があります。これは全て自身のレベル、スキルによって違いが出ます。このボードに乗れば誰でも安全に快適に漕げる・・・というものではありません。最終的にどのボードをチョイスし、どのように遊び使用するのかは購入者が判断し、すべて自己責任になります。

空気の入れかた

ボードにあるバルブ(空気挿入口)のフタを開け(画像1)、バルブ内のコック (画像2)を押し(押すごとに開閉が切りかわる)、コックが上がっている状態にしてから(これを忘れるとホースを抜いたときに入れた空気が抜けてしまいます)ポンプのホース先端をバルブにねじ込んで(画像3)接続します。最大空気圧は10~15PSI(各ボードの挿入口に記載されているので要確認)。 数字が高いほど空気圧が高く、それだけボードが硬化しますが10PSI以上になるとそれほど硬化に差は出ません。真夏の炎天下では空気の膨張によるボードの破裂や剥離が起こりやすくなりますので10PSI程度で十分使用可能です。通常より少なめでも空気の膨張で気圧が高くなりますので、炎天下での長時間の放置はしないでください。ゲレンデ(使用している現場)では、水をかける、水につけておく、日陰に置くなどをしましょう。ポンプに付いているゲージ(画像5)を見ながら数値を確認し空気を入れますが、このゲージはあくまで目安です。始めは(画像4)緑のポンプの場合はレバーをダブルアクションに、黄色のポンプの場合はキャップを閉める)ハンドルの押し引きどちらでも空気を注入できる状態でポンピングし、押し引きがきつくなってきたら(緑のポンプの場合はレバーをシングルアクションに、黄色のポンプの場合はキャップを開け)ハンドルを押す時のみで注入するモードで適正数値までポンピングします。 空気を抜くときは、空気挿入バルブのフタを開け、コックを押せばロックし抜ける状態になります。ボードのノーズ側から空気を抜きながらたたんでいきましょう。大きいボードは空気が抜けにくく、たたみにくいことがありますが、緑のポンプにはホースを排気口(画像6)に付け替えればポンピングで空気を抜くことができボードをたたみ易くなります。

フィンとリーシュコード

SOUYUSTICKのフィンはボックスタイプ(2017モデルはセンターフィンのみボックスタイプ。2018モデル以降はサイドフィンもボックスタイプ)で、取り外しが可能です。フィンの固定はボックス後部のレバーを押すことで行います。入水前にフィンが固定されているか確認しましょう。無理に力を入れるとレバーの破損に繋がるので注意が必要です。また、漕ぎ始めた後も休憩時などにフィンがちゃんと装着されているか確認をしましょう。固定式のサイドフィンは収納時に折りたたむことで変形している場合がありますが、暖めると元に戻りやすくなります。リーシュは後部ハンドルに付いているD-リングに接続してください。

保管・手入れ方法

使用後は、海水、淡水にかかわらず、ボード、パドル、リーシュ、フィンなどすべて真水で洗い流しましょう。その後、からぶき、もしくは日の当たらないところで十分に乾かしてから折りたたみバッグに詰めましょう。もちろん、フィールドで一度折りたたみバッグに入れて持ち帰った後も同じ工程後に保管してください。使用したままの状態で保管すると製品が劣化する原因になります。バッグに詰めたまま長期保管するのも劣化に繋がりますので、たまに出して広げ、エアを入れ膨らませてみましょう(少なくとも2~3か月毎)。ボードのDリング、パドルにある金属部分は念入りに真水で流し、しっかり乾燥させましょう。これを怠ると腐食し作動しなくなる原因になります。エアを入れたまま保管する場合は、面倒でも使用後に軽くエアを抜き、使用前に再度エアを入れるようにしましょう。
真夏の暑い時期などは、目一杯空気が入った状態で放置すると空気の膨張による破裂の原因になります(前述の「空気の入れ方」を参照)。気温が高い時は、炎天下にボードを放置せず、空気を抜いて日陰に置く、畳んで家屋内にしまうなどをしてください。
ボードをたたむ時は、無理やりきつく巻き上げるのはやめましょう。折れ目から破損、エア漏れの原因になります。保管スペースに余裕があるのなら、広げたまま、もしくは軽く巻き上げての保管が理想です。日の当たらない、風通しの良い場所で保管しましょう。

空気漏れ、修理

空気漏れの可能性があると感じた時は、まずバルブ周辺や生地の接合部分、ハンドルなどパーツが取り付けられている箇所からチェックをしましょう。バルブを締め付ける専用のドライバーを付属しています。このドライバーを使ってバルブの締め付け作業を定期的に行ってください。新品時に最初に空気を入れた時に必ずこのバルブの締め付けがしっかりされているか確認をお願いします。
エア漏れ箇所を確認する際は、石鹸水を入れたスプレー式のボトル(霧吹きなど)があると便利ですが、容器に石鹸水を入れて筆などでなぞっても確認できます。場所が特定できたらリペアキットを使って修理します。1~3mm程度の小さな傷であればボンドで修理できる可能性があります。大きい場合はパッチを使用します。修理後は少なくとも12時間以上は乾かしてください。修理について不明な点がある場合は、弊社販売担当者にご相談ください。
剥離(インフレータブルSUPに関しては水ぶくれのような症状)に関しては、生地の貼り合わせ箇所、フィンやバルブなどの接合箇所、デッキのパッドなど接着箇所に出ることがあります。これは、基本的に、炎天下に放置した際など高温になった時に起こります。取り扱いにご注意ください。